2009年10月17日 (土)

「花月秘拳行」 火坂雅志

既読感があるのに、手に取ってみるとストーリーが違っています。

花月秘拳行 (角川文庫) Book 花月秘拳行 (角川文庫)

著者:火坂 雅志
販売元:角川学芸出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

調べてみると、前に読んだのは主人公が同じで別の物語だったらしいです。
「骨法シリーズ」や「霧隠才蔵」なども読みましたが、似たような印象の作品が多いので時々混乱してしまいます。

ストーリーは簡単にいうと、「明月五拳」の使い手である西行が、「暗化十二拳」の達人たちと戦っていく物語です。
彼らの技は、岩をも砕き、一瞬にして死に至らしめる恐ろしいものです。
現実的では無いとしても、超人的な技を身につけた彼らの活躍は、読んでいるうちは間違い無く楽しい時間を与えてくれます。

火坂先生の作品(短編)は、昔から出張のお供として重宝させていただいております。
(それゆえに物語同士で混同して覚えてしまうのでしょうか)
毎回楽しい時間をありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)