2009年2月 7日 (土)

「ストロベリーナイト」 誉田哲也

意味不明なタイトルと久しぶりの警察小説とのことで手に取りました、厚みもOKです。

ストロベリーナイト (光文社文庫) Book ストロベリーナイト (光文社文庫)

著者:誉田 哲也
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノンキャリアから異例の出世の美人女警部補が主人公。
相談役がベテラン監察医で、ちょっと軽めの相棒、対立するのは昔堅気の強面刑事と、まるでそのままドラマに移行できそうな感じです。
監察医のセリフに至っては「わしは…なんじゃ」と典型的な老人口調。
(今どきこんな喋りがあるのだろうか?)
今回は(本の)選択を誤ったか?

だが、読み進めていくとそれも気にならないレベルになってきました。
予想に反して結構グロテスクな表現もあります。
美人警部補のひらめきが事件を進めていくカギになるのですが、他の刑事の描写も多く、彼女を「敏腕刑事」にしていないことが良かったのかもしれません。

続編も読んでみようかなと思える一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)