2009年1月15日 (木)

「下天は夢か」 津本 陽

信長ものの長編、やっと読み終えることができました。

下天は夢か 一 (角川文庫) Book 下天は夢か 一 (角川文庫)

著者:津本 陽
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

父、信秀の後を継いだ若き日の信長。
行儀作法をわきまえず荒々しい気性で、うつけ殿とも呼ばれていた信長ですが、初出陣にて巧みな采配を振るいます。

合戦とはいっても、実際は、細作(忍者)を使い情報を集め、部隊や馬の補給にも気を配らねばなりません。
今も昔も多人数を動かすのは大変な事。
斬り合いになっても、このころは甲冑の隙間を狙う介者剣法の時代で、よく見る時代劇のチャンバラとはかなり違います。

戦を重ねていく信長の前に今川義元の脅威が押し寄せてきます。
絶対的に不利な状況の信長でしたが、奇襲をかけ今川義元を討ち取ります。

木下藤吉郎(のちの秀吉)も登場してきて、ますます物語にのめり込んでいきます。
また、信長の家来の中でも、森 可成(もり よしなり)が諜報活動も含めてかなりの働きをしていたのが印象的でした。

下天は夢か 二 (角川文庫) Book 下天は夢か 二 (角川文庫)

著者:津本 陽
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

明智光秀が登場、朝廷の家臣でもあった彼は信長の家臣ともなります。
気性が激しく疑り深い信長ではありましたが、彼には人を惹きつけるカリスマ性が備わっていたようです。

そして上洛、しかし信長にとって将軍・義昭は天下統一のための道具でしかありません。

規律を正すために条例を設け、時には些細な過ちでも見せしめのために成敗する信長。
統制するには規律が必要ということでしょう。

マント等の洋装のイメージも、キリスト教ともつながりを持っていたためなのですね。

下天は夢か 三 (角川文庫) Book 下天は夢か 三 (角川文庫)

著者:津本 陽
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

天下統一を目指す信長に新たな難題が、それは一向一揆でした。
信長は、彼らの自らの命を捨てて向かってくるその戦い方を見て「皆殺し」という戦法をとるようになり、比叡山焼き討ちにつながってきます。

また、この三巻の冒頭で森 可成が討ち死にしてしまいます、残念。

前に読んだ「刀と首取り 戦国合戦異説」にチャンバラと実際の合戦は違うということが書いてありましたが、まさしくその通りの戦いです。
まず鉄砲隊、次に弓や長槍、槍や長巻が主武器で、刀はその次です。
敵の首を取り、合戦後は大将は首実験をします。
映画やドラマとは違う本当の戦いです。

下天は夢か 四 (角川文庫) Book 下天は夢か 四 (角川文庫)

著者:津本 陽
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついに最終巻、結末が分かっているだけにちょっと哀しい感じが…。
天下統一に向かう信長は、一向一揆も平定し、着々とその足場を固めつつありました。
その中で、秀吉は確実に実績を重ねていくが、一方で、光秀の立場は危ういものとなっていきます。
そして運命のその日へ。

いろいろな考え方はあると思うのですが、天下統一には、カリスマ、恐怖、狂気を備えた信長のような大魔王が必要だったのではなかったかということや、真偽はともかく命というものに対する考えがまるで違った時代があったということをあらためて知らされました。
かなりの長編で読み切るのに時間はかかりましたが、ここにきて、やっと信長という人物が解りかけたような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

「柳生十兵衛七番勝負」 津本 陽

NHKでドラマ化されている「柳生十兵衛七番勝負」。
その原案となっているのが、津本 陽 先生のこの小説です。

柳生十兵衛七番勝負 Book 柳生十兵衛七番勝負

著者:津本 陽
販売元:文芸春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「柳生十兵衛」といえば、誰でも知っている隻眼の剣士。
その流派といえば、こちらも言わずと知れた「柳生新陰流」です。

その極意に「活人剣」(かつにんけん)というものがあるのですが、今までその意味を誤解していました。
できるだけ人を傷つけたり殺したりしないようにすることを「活人剣」だと思っていました。
でも、本来は敵の技を出せるだけ出させて、相手の技の尽きたところを打つものらしいです。
こうして考えてみると、幼いころからの修練と、いかなる場合にも対応できる「心の下作り」にて、勝負において相手の動きを掌握し、有利に戦うということが「活人剣」なのであろうかと思われます。

ちなみに、相手に技を出させず、動きを封じてひたすら打つことを「殺人刀」(せつにんとう)というそうです。

この物語の中で十兵衛は、相手の拳を斬ったり、体当たりをしたり、杖を使ったりと、従来の剣技にこだわらない技を繰り出します。
「柳生新陰流」が「剣法」ではなく「兵法」と呼ばれる所以をみたような気がします。

もって生まれた素質と稽古によって超人的な強さの十兵衛ですが、
「三、四人と斬りあうとき、兵法をまったく心得ておらぬ雑兵のようなものでも、思いがけぬところから、無拍子の太刀を打ち出してくることがある。そういうときがもっとも危ないのだ。」
というようなことをも言っています。
では、そのときはどのように対処するのかというと、
「その場その場でうまく対応できるように、日ごろから『心の下作り』をしている。」
とのこと、
いついかなる時でも自分にとって万全の態勢をとれるようにしておくということです。

まったくその通りですね、見習っていきたいと思います。

| | コメント (0)