2007年11月28日 (水)

「禍家」 三津田信三

何か面白い本は無いかなと見ていると、平積みの中に「三津田信三」という名前を見つけました。
そのおどろおどろしさに惹かれて、過去に蛇棺葬 (講談社ノベルス)百蛇堂―怪談作家の語る話 (講談社ノベルス) を読んでいたので、思わず手に取りました。

禍家 (光文社文庫) Book 禍家 (光文社文庫)

著者:三津田 信三
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

両親を亡くした少年が越してきた先は、前に来たことがある。
いや、自分は来るべくしてここに戻って来たのではないのだろうか。
隠された真実を探す少年。
なぞの言葉をつぶやく老人。
隠された過去の事実とは…。

あいかわらずおどろおどろしい物語です。
あとがきには、ホラーとミステリーの合体ともあります。
あまり長くないこともあり、一気に読み切りました。
個人的に思い出したのは、ちょっと違いますが、映画のファイナル・デスティネーション 特別版

日本独特の陰湿な感じと、子供の目で見た(独特の)恐怖。
その根底には「不思議なもの」の力が存在し、事件に作用している。
そして最後まで「不思議な力」の謎は明かされない。

そういえば子供のころは「オバケ」など怖いものがいっぱいあったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)