2009年4月30日 (木)

「オルファトグラム」 井上夢人

久しぶりに井上夢人さんを。
この作品は前から知ってはいたものの、手に取る機会に恵まれていませんでした。

オルファクトグラム〈上〉 (講談社文庫) Book オルファクトグラム〈上〉 (講談社文庫)

著者:井上 夢人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

姉を殺された主人公。
彼自身もその場で重傷を負い昏睡状態に。
一ケ月後に目を覚ました彼はその感覚の違いに戸惑う。
嗅覚が異常に敏感になっていたのだ。
それ以来、彼には嗅覚が視覚として認識できるようになる。

通常では思いつかないような設定。
確かに現代生活においては、嗅覚に頼る部分は他の感覚に比べて異常に少ないのは事実。
そして臭いの中にはいろいろな情報が含まれているという。
犬はこのような世界に生きているのだろうか。

失踪しているバンドのメンバーを捜すためにマスコミを利用する主人公。
だが、その代償として、自らの特殊な嗅覚を公開しなければならない。

オルファクトグラム〈下〉 (講談社文庫) Book オルファクトグラム〈下〉 (講談社文庫)

著者:井上 夢人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

彼の姉を殺した犯人は同様の手口で犯行を重ねている。
犯行現場に残された犯人の臭いは彼にとって忘れることができないものであった。
大学で実験に協力しつつ、特殊能力を使い犯人の捜査も進めていくことに。
警察は犯人逮捕のために、マスコミは特番のために。
犯人の臭いを記憶しているのだから、いずれは犯人を特定できるはず。
そして驚くべきことに、この犯人はメンバーの失踪にも関連しているらしい。
ついに犯人との対決へ。

結末には納得なのですが、犯行の動機や猟奇的な行動の説明があれば、もう少しすっきりできたかも。
このアイディアとストーリーは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

「クリスマスの4人」 井上夢人

クリスマスの4人 Book クリスマスの4人

著者:井上 夢人
販売元:光文社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

書店で偶然目についた本、岡嶋二人の井上夢人氏の小説でした。
岡嶋二人の小説は前に読んでいて好印象だったため、これに決めました。

20歳の若者4人組が夜道で人を撥ね、死体を山中に棄てた。
幸い警察からの追求は無かったが、この事は彼らにとって忘れられない記憶となった。
その後、死んだはずのあの男が、10年ごとに彼らの前に現れる。
そして30年後に驚愕の結末が…。

それにしても、20歳の時から30年も悪夢を背負わされた若者4人にとって、この結末はどうだったのだろうか?
30年来の謎が解けたとはいえ、彼らにとっては決して納得できるような結末ではなかったような気がします。
まあ、結果的に最悪のシナリオは避けられたと思われるラストですが、現在の彼ら4人にはそれを知る術が無いのですから…。

| | コメント (0)