2008年9月 8日 (月)

「ワンピース Vol.51」 尾田栄一郎

人魚のケイミーと出会った麦わら海賊団。
魚人島に行く前に、元アーロン一味のタコの魚人を救出。
お礼にタコ焼きと一流のコーティング屋を紹介してもらうことに。

ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新世界を目指して海賊たちが集結する島、シャボンディ諸島。
一見にぎやかなその島も、「天竜人」がねじれた権力を持ち、人身売買がまかり通る土地であった。

さらわれた人魚のケイミーを捜す麦わら海賊団。

火拳のエースの公開処刑?

ロジャー海賊団の副船長、シルバーズ・レイリー

天竜人の無法に耐えかねたルフィは、ついに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

「ワンピース Vol.49・50」 尾田栄一郎

ミステリーの合い間にワンピースも読んでいました。

ONE PIECE 巻49 (49) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻49 (49) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス) Book ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スリラーバークでの王下七武海の「ゲッコー・モリア」との戦いも終盤。

島中の影を全部取り込んだモリアと、ルフィの最後の戦い。

現れたもう一人の七部海「バーソロミュー・くま」。

ますます深まる世界政府との確執。

そして新たな仲間、音楽家兼剣士の「鼻歌のブルック」。

次の目的地、「空島」とは反対の海の底にあるという魚人島へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

「ワンピース Vol.48」 尾田栄一郎

ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついにバトルに突入。
そのなかで気になるのは「ホロホロの実」の霊体人間 ペローナ。
キャラクター的にも最高ですし、「ネガティブ・ホロウ」 という、人の心を折ってしまう恐ろしい技もあります。
しかし、まさかこんな対抗策があったとは…。

「スケスケの実」の透明人間 アブサロムはサンジと対決。
ナミを攫われ、さらに夢を奪われたサンジの怒りが爆発。
でも、ナイフで心臓のあたりを刺されていたようなのだが大丈夫なんだろうか。

ゾロはブルックがどうしても敵わなかった「伝説の剣士」が相手。
最終的には勝利するものの、戦いのたびに新技(今度は火が出る!)というのはどうなのか?
純然たる剣技で勝負をつけてほしかったような気もします。

ロビンとチョッパーは、Dr.ホグバッグ&シンドリー&ゾロとサンジのゾンビとの対戦。
こちらは頭脳プレーも含めての戦いです。

ルフィの影が入ったゾンビ「オーズ」は完全にモリアの支配化になり、その力を見せつける。
この規格外の怪物に勝てるのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

「ワンピース Vol.47」 尾田栄一郎

ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻47 (47) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブルックからの情報で解明したゾンビの謎。

カゲカゲの実の怪人 ゲッコー・モリア

天才外科医 ドクトル・ホグバック

透明人間 アブサロム

幽霊使い ペローナ

その他大勢のゾンビたちとの戦い。
ゾロ、サンジは連れ去られ影を取られてしまう。
そしてルフィも…。

倒しても倒しても立ち上がるゾンビに苦しみ、危機に陥ったロビンとフランキーの危機を救ったのは、ブルック。
彼は、5年前に 剣侠”鼻唄” として、取られた影を取り戻すべく、ここで大暴れしていたのであった。
ゾンビを浄化させる方法を発見したが、結局、影は取り戻せなかったらしい。

ルフィの影が入れられるのは、500年前の魔人「オーズ」。
巨人族よりもはるかに大きいこの魔神に勝つことができるのか。

グランドライン入口で出会った巨大な鯨”ラブーン”との約束を果たすべく、ブルックは影を取り返しに向かう。
そして、船に戻ったルフィ達も、取られた影とナミ達を取り戻しに再び戦いの場へ。

いよいよ本格的な戦いへ。
しかしこんな魔神を倒せるのか。
このストーリーは思ったよりも深く大きかった。

”新世界”でモリアを破った「カイドウ」とは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

「ワンピース Vol.46」 尾田栄一郎

ONE PIECE 巻46 (46) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻46 (46) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サイボーグで船大工のフランキーを仲間にしたルフィ海賊団。
新しい船「サウザンドサニー号」で向かう先は魚人島。
だが、途中の「魔の三角地帯」で幽霊船に遭遇。
乗っていたのは、生きているガイコツの「ブルック」。
影を奪われたという彼は何かわけありの様子。

そうこうするうちに「サウザンドサニー号」がゴースト島「スリラーバーク」に取り込まれてしまう。
様子を見に行ったナミたちも行方不明となり、一行は本格的に島に乗り込むことに…。

襲ってくるゾンビたちと戦いながら聞いた敵の名は、
王家七武会の「ゲッコー・モリア」!
新たな戦いが始まる。

いきなり現れて、謎を残して消えた「ブルック」。
スカルジョークを連発する彼は、ただの面白キャラクターではなさそうだ。
もしかすると本当に仲間になってしまうかも。

魚人島までのつなぎの物語かと思いきや、七武会も登場。
今回はギャグも交えながら進んでいきます。
仲間も増えてにぎやかになった「麦わら海族団」。
本当に良く書き込まれていて、いつも感心します。
(読み返すとよく分かりますね)

次回、すべての事実が明らかに…なるはず。

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

「ワンピース Vol.45」 尾田栄一郎

ONE PIECE 巻45 (45) Book ONE PIECE 巻45 (45) 

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
発売日:2007/03/02

Amazon.co.jpで詳細を確認する 

ウォーターセブン編完結と同時に今後につながる新事実が…。

海軍の「ガープ中将」がルフィの祖父で、革命家の「ドラゴン」がルフィの父。

海軍で成長(出世)したコビーとヘルメッポ。

青キジも宴会の最中にロビンの意志を確認してひとまず決着が。

「赤髪のシャンクス」と「白ひげ」の接触。

麦わら海賊団全員に懸賞金が…。

そして、「黒ひげ」と白ひげ海賊団の「エース」の激突。

今回は、総集編と予告編を合わせたような盛り沢山な内容。
しかしなんといってもメインは、宝樹”アダム”を使って、フランキーとガレーラカンパニーが造り上げた「ゴーイングメリー号」に替わる新しい船「サウザンドサニー号」
あいかわらずカワイイ船首がついています。

それと、新しい仲間「フランキー」(船大工)。
「そげキング」改め「ウソップ」も復帰。
これからの展開が楽しみです。

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

「ワンピース Vol.44」 尾田栄一郎

ONE PIECE 巻44 (44) Book ONE PIECE 巻44 (44)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついに海楼石の手錠からニコ・ロビンが開放された。
だが、エニエスロビーに向けられたバスターコールは止まらない。
海軍の軍艦からの総攻撃が始められる。

CP9の中でも段違いの強さのルッチとルフィの戦いも熾烈を極めている。
ルフィは”ギア3(サード)”を駆使して…。

やっと開放されバスターコールの悪夢からも立ち直ったニコ・ロビン。
スパンダムへの”クラッチ!”はスッキリしましたね。

それにしても、ずいぶん長く連載しているにもかかわらず、ストーリー的にも、絵的にも、いまだにその質(クオリティー)を維持しているのは大変なことだと思います。


そしてメリー号との離別。

新展開にますます期待です。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

「ワンピース Vol.43」 尾田栄一郎

One piece (巻43) Book One piece (巻43)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ロビン救出のためにCP9と戦う「麦わら一味+フランキー」

ナミ VS カリファ ”アワアワの実・石鹼人間”
 ナミの完成版”天候棒(クリマ・タクト)”は威力絶大。
 (秘書として信頼されていたカリファが天然系に変わっているのは謎です)

サンジ VS ジャブラ ”イヌイヌの実・モデル狼(ウルフ)”
 窮地に陥ったナミとウソップの前にサンジ復活!

ゾロ VS カク ”ウシウシの実・モデル麒麟(ジラフ)”
 ウソップと繋がっていた手錠も外れ、ゾロも本領発揮。

悪魔の実の暴走で魔獣のようになったチョッパーも助けられて。

ルフィが”ギア2(セカンド)”で、ルッチの動きを止めている間に、鍵を持ったフランキーが走る。

危機一髪のロビンを救ったのは、狙撃の腕を上げたウソップと鉄の男フランキー。

いよいよ海楼石の手錠からニコ・ロビンが開放されるのか…。
ルフィとルッチの勝負の行方は…。
そして、バスターコールがかかったエニエスロビーの運命は…。

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火)

「ワンピース Vol.42」 尾田栄一郎

One piece (巻42) Book One piece (巻42) 

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する 

ついに麦わら連合軍とCP9との全面対決!
CP9も最初のころとは違って、それぞれの個性を発揮して戦闘へ。
一度戦っているからか、前回ほどの実力の差が出ず、良い戦い?になっている。

エネルギー(コーラ)を補充したフランキーは、激戦の末にCP9”フクロウ”を撃破!
フランキーって意外と頼りになりますね。

チョッパーは、禁断の3個目のランブルボールを使い、ちょっと怖いものに変身!
CP9”クマドリ”を倒すも、暴走中。

ゾロ&そげキング VS カク&ジャブラ
カクの食べた実は、ウシウシの実・モデル麒麟(ジラフ) … キリンです。
ジャブラにバカにされますが、見かけとは違ってその威力は侮れぬ様子。

「死んでも女は蹴らん!」と言い張るサンジを残し、カリファに挑むナミ。
アワアワの実を食べたカリファは、性格までも変わって(天然になって)しまったようです。

ロビンを追って行ったルフィは、ルッチとの一騎打ちに!

そしてついに、「バスターコール」発動へ!!
攻撃目標が政府施設の「エニエス・ロビー」でも、躊躇せず行動する世界政府とは…。

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

「ワンピース Vol.41」 尾田栄一郎

One piece (巻41) Book One piece (巻41)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニコ・ロビンの過去が明らかに…。
その故郷は、”西の海”(ウエストブルー)の島 オハラ
ロビンの孤独な子供時代とともに描かれるのが、まるでこの物語の核心に迫っていくような事実。

空白の100年の謎を解くために”歴史の本文”(ポーネグリフ)を研究する学者達。

”の名を持つ巨人族。

”考古学の権威”クローバー博士の語る消された歴史の真相。

そしてオハラにバスターコールを発する世界政府。

幼きロビンと青キジの関係。 等々

現実世界では、いよいよ麦わら海賊団CP9が全面激突。
この続きがますます楽しみです。

ルッチがときどき見せる、他のCP9達と違うような表情が気になりますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧