« 「RHAPSODY NAKED」 RCサクセション | トップページ | 「天使と悪魔 (中・下)」 ダン・ブラウン »

2009年5月31日 (日)

「天使と悪魔 (上)」 ダン・ブラウン

世間で話題になっていることに反抗して、読み始めが遅れるのはいつものことですが、今回はページを開くと、いきなり粒子加速器や、反物質等という耳慣れない単語が並んでいたので、さらに遅れて読み始めることになってしまいました。

天使と悪魔 (上) (角川文庫) Book 天使と悪魔 (上) (角川文庫)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のロバート・ラングドン教授(ダ・ヴィンチ・コードの主人公と同人物?)にかかってきた1本の電話から事件が始まります。

殺人事件の被害者の写真の胸に「焼印」が…。
そこにあったのは、カトリック弾圧をうけてきたという伝説の地下組織「イルミナティ」の紋章。
殺されたのは世界的な物理学者で、危険な性質を持つ「反物質」を強奪されたらしい。

ヴァチカン市国内に仕掛けられた危険な爆発物。
サン・ピエトロ大聖堂で行われているコンクラーベ。
拉致され、1時間ごとに殺される4人の枢機卿。

ラングドン教授は、物理学者の娘と一緒に、事件解決の鍵となる「伝説」の謎を解くことに…。

|

« 「RHAPSODY NAKED」 RCサクセション | トップページ | 「天使と悪魔 (中・下)」 ダン・ブラウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/29880798

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使と悪魔 (上)」 ダン・ブラウン:

« 「RHAPSODY NAKED」 RCサクセション | トップページ | 「天使と悪魔 (中・下)」 ダン・ブラウン »