« 「KAPPA」 柴田哲孝 | トップページ | 「ZO-3 ARTROCK "ANARCHY"」 FERNANDES »

2009年3月 1日 (日)

「白馬山荘殺人事件」 東野圭吾

久しぶりのミステリー、しかも定番の「雪の山荘」です。

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫) Book 白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノイローゼ状態から立ち直りかけた兄が、山奥のペンション「まざあ・ぐうす」で死んだ。
亡くなる前に書いたと思われるハガキに書いてあった謎の言葉。
「マリア様が、家に帰ったのはいつか」
一年後、真実を知るためにペンションを訪れる女子大生。
そこには奇しくも同じメンバーが集まって…。

いろいろと偶発的な要素が重なりますが、今、正にミステリーを読んでいるのだという気分が盛り上がってきます。
今回のキーワードは、ちょっと馴染みのない「マザー・グース」。
どうやら謎解きは文中の素人探偵にまかせて、今回はストーリーに没頭するしかないようです。

亡き兄の後を追いかけるようにして「マザー・グース」の謎を解こうと、ペンションのマスターやシェフたちから情報を得るが、再び起きる殺人。
明らかにされるマザーグースの暗号の意味と殺人犯人。
そして、それは一年前の出来事とも繋がって…。
最終的にはいくつかの真実も明らかになって…。

こういう正統派?のミステリーを読んでいるのは、とても楽しい時間です。
こんなミステリーを何冊か抱えて、ひなびた山奥の温泉にでも行きたいな~とときどき思います。
そしてそこが雪の山荘だったら、

最高ですね。

|

« 「KAPPA」 柴田哲孝 | トップページ | 「ZO-3 ARTROCK "ANARCHY"」 FERNANDES »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/28392036

この記事へのトラックバック一覧です: 「白馬山荘殺人事件」 東野圭吾:

« 「KAPPA」 柴田哲孝 | トップページ | 「ZO-3 ARTROCK "ANARCHY"」 FERNANDES »