« 「ブレイクスルー・トライアル」 伊園 旬 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »

2009年3月18日 (水)

「おくりびと」

小学館のコミック誌「スペリオール」で連載されていたのは読んでいましたが…。

おくりびと [DVD] DVD おくりびと [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009/03/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オーケストラの解散により、職を失った男。
郷里に帰って就いた仕事は「納棺師」。

必然的にお葬式の場面が多いので、涙、涙で感情に訴える映画かというと、それは少々違っています。
思い出したのは、伊丹十三監督の映画。

伊丹十三DVDコレクション お葬式 DVD 伊丹十三DVDコレクション お葬式

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも良かったなあ。
お葬式ってこんな感じなのかとユーモアも交えての疑似体験。
そういえば、こちらにも山崎 努さんが出ておられました。

「おくりびと」を見た後は、「なるほど」とか「そうなんだろうなあ」という感じで、妙に納得してしまいました、という感じです。
主演の本木雅弘さんをはじめとして、さらに共演者の方々が良いです。
自分が監督をするとしてもこのメンバーにお願いしたいですね。
(個人的には、妻役は広末涼子さんでなくても…という感じでした、すみません)
若い時には想像すらしえなかった「死」というものを日本人としてどのようにとらえていけばよいのか。
そんなことを、さらりと感じさせてくれる映画でした。

北野 武監督だったらどんな映画になっただろう、これも考えると興味津津。

|

« 「ブレイクスルー・トライアル」 伊園 旬 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/28698510

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」:

« 「ブレイクスルー・トライアル」 伊園 旬 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »