« 「笑う警官」 佐々木 譲 | トップページ | 「白馬山荘殺人事件」 東野圭吾 »

2009年2月22日 (日)

「KAPPA」 柴田哲孝

前に読んだ「TENGU」に続き、今度は「KAPPA」。河童?

KAPPA (徳間文庫) Book KAPPA (徳間文庫)

著者:柴田 哲孝
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バスフィッシングを楽しんでいた釣り人が沼に引き込まれた。
目撃者は河童に襲われたという。
担当の刑事・阿久沢も有力な手掛かりを得ることができず、焦っていた。

まずはバス釣りの描写から、
知識がある人であれば、より理解できるであろう文章。
賛否両論はあるのでしょうが。
大藪小説にも似たようなカタログ調の文章があり、そこには見たこともない「銃器」や「スポーツカー」など、男の道具の情報が載っていて、胸をときめかせていた読んでいたものです。
(ロレックスも「ローレックス」という綴りで語られていた、懐かしい)

フリーのルポライター、有賀雄二郎の頭の中に何かが閃いた。
「この事件の裏には何かある」
知り合いの地元の老漁師、吉岡源三、少年・太一とともに河童の正体を調べにかかる。
そして、別れた妻との子・雄輝との会話からから、思わぬ発見へ。

読後には爽快感とともに、日本古来の生物はどうなってしまうのか、また、事件が起こらなければ誰も(国家も)動かないという現実を突き付けられました。
でも、前述の「TENGU」では、後半にアメリカやUMAが出てくると、(個人的なことで非常に恐縮ですが)醒めていってしまうような感じがしていたのですが、こちらはそのようなことはありませんでした。
本来はこちらの「KAPPA」の方が先に書かれたらしいですが、続編が出ればまた手に取る確率は高いでしょう。

|

« 「笑う警官」 佐々木 譲 | トップページ | 「白馬山荘殺人事件」 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/28286853

この記事へのトラックバック一覧です: 「KAPPA」 柴田哲孝:

« 「笑う警官」 佐々木 譲 | トップページ | 「白馬山荘殺人事件」 東野圭吾 »