« 「男と女 TWO HEARTS TWO VOICES」 稲垣潤一 | トップページ | 「下天は夢か」 津本 陽 »

2009年1月10日 (土)

「風の呪殺陣」 隆 慶一郎

少し前に読み終えたのですが…。

風の呪殺陣 (徳間文庫) Book 風の呪殺陣 (徳間文庫)

著者:隆 慶一郎
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

有名な織田信長による比叡山焼き討ち。
その真偽については諸説あるようですが…。
この事件を比叡山側からみたストーリーとも言えます。

一人の僧侶は信長を憎み、深山に籠り、呪殺の法を習得する行を行った。

一人の僧は戦乱の中の一人の少女の死から何かを悟り、阿闍利にむかい修行する。

一人の若者は戦乱で家族を亡くし、信長との戦いに明け暮れる。

昔は現代よりも人の命が軽かったのであろうか、それにしても死に過ぎである。
今となっては、このような時代があったと認識するのみです。
その中で、この焼き討ちを契機として人生を捻じ曲げられた若者達の精一杯の生きざま。
この日本にもこんな時代があったんだなあ。
このころの信長はまさに狂気。

|

« 「男と女 TWO HEARTS TWO VOICES」 稲垣潤一 | トップページ | 「下天は夢か」 津本 陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/27000402

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の呪殺陣」 隆 慶一郎:

« 「男と女 TWO HEARTS TWO VOICES」 稲垣潤一 | トップページ | 「下天は夢か」 津本 陽 »