« 「四十七人目の男(下)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「仮面山荘殺人事件」 東野圭吾 »

2008年9月21日 (日)

「陰陽師 瀧夜叉姫 上・下」 夢枕 獏

「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。
安倍清明と源博雅のそんなやりとりで始まる物語。
その長編がやっと文庫化されたのだから手に入れずにはおけません。

陰陽師瀧夜叉姫 上 (1) (文春文庫 ゆ 2-17) Book 陰陽師瀧夜叉姫 上 (1) (文春文庫 ゆ 2-17)

著者:夢枕 獏
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

陰陽師瀧夜叉姫 下 (3) (文春文庫 ゆ 2-18) Book 陰陽師瀧夜叉姫 下 (3) (文春文庫 ゆ 2-18)

著者:夢枕 獏
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

物語はといえば、おなじみの百鬼夜行や平安貴族の受難から始まります。
黒い陰陽師「芦屋道満」も早々に登場、今回も裏で事件に関わっていくらしい。
そして今回登場するのは、なんと!「平 将門」と「俵 藤太」。
俵 藤太においては、実際に登場して清明たちと行動をともにする。
短編とは一回りスケールが違います。

あいかわらずクールな清明、自分の感情に素直な博雅。
その中で一番熱いのが俵 藤太。
相応な年齢になっているにもかかわらず、さっぱりとした気性で、行動に迷いがありません。
歴史上では、将門を討ったことになっていますが、本当は将門と同様に、窮屈な都の暮らしよりも自由気ままに野原を駆け回っている方が好きな熱血漢として描かれています。

あらすじを語ってしまえばそんなに長編とは感じないのですが、どうも物語がゆっくりと進んでいたような気がします。
読み終えても、「そうであったのか」という感じで、旨い日本酒でも飲みたくなってくる。
そんな一冊でした。

|

« 「四十七人目の男(下)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「仮面山荘殺人事件」 東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/23917243

この記事へのトラックバック一覧です: 「陰陽師 瀧夜叉姫 上・下」 夢枕 獏:

« 「四十七人目の男(下)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「仮面山荘殺人事件」 東野圭吾 »