« 「幽霊人命救助隊」 高野和明 | トップページ | 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 »

2008年8月30日 (土)

「私の異常な愛情」 宮嶋茂樹

題名から察するのは難しいのですが、この本は宮嶋先生お勧めの「戦争映画」の解説書なのです。

私の異常な愛情―不肖・宮嶋流戦争映画の正しい観方 (知恵の森文庫 t み 1-1) Book 私の異常な愛情―不肖・宮嶋流戦争映画の正しい観方 (知恵の森文庫 t み 1-1)

著者:宮嶋 茂樹
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もちろん戦争には反対ですが、男の子は戦車や武器に興味を持つもの。
よって戦争映画もTV・ビデオなども含めるとずいぶん見てきました。

そういえば宮嶋先生の本も過去に数冊読ませていただきました。(順不同)

不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス (新潮文庫)

不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません (祥伝社黄金文庫)

不肖・宮嶋空爆されたらサヨウナラ―戦場コソボ、決死の撮影記 (祥伝社黄金文庫)

題名からもわかりますが、一般の報道とは違う視点からの体験記です。

この本の中身も予想通りにおもしろく、細部の解説に至っては本当に感心させられます。
そんななかで、比較的新しいせいか、「プライベート・ライアン」は一番記憶に残っています。
私の中で上陸作戦といえば、「ノルマンディー」か「硫黄島」。
この映画が始まって間もなくの描写は秀逸。
残酷でもあるのだが、これが「現実」。
宮嶋先生も言っておられるが、人間の命を考える上でも是非とも見ておきたい映画です。

紹介されてある映画の半数以上を見た人であれば、間違いなくお勧めの本です。

|

« 「幽霊人命救助隊」 高野和明 | トップページ | 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/23363344

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の異常な愛情」 宮嶋茂樹:

« 「幽霊人命救助隊」 高野和明 | トップページ | 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 »