« 「GAME」 Perfume | トップページ | 「アンフェアな月」 秦 建日子 »

2008年5月 8日 (木)

「霧越邸殺人事件」 綾辻行人

「暗黒館の殺人」を読み終え、ちょっと一息ついていましたが、書店の棚に「綾辻行人」の名を見つけてしまいました。
手に取ると 「もう一人の中村青二氏に捧ぐ」 なんて書いてあります。
これは読むしかありません。

霧越邸殺人事件 霧越邸殺人事件
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

猛吹雪に襲われた劇団員達が辿り着いたのは、山奥の洋館「霧越邸」。
雪に閉ざされたこの建物の中で、一人、また一人と殺されていく。
北原白秋の童謡 「雨」の歌詞に見立てられた殺人の意味は。

霧が立ち込める山中に建つ「霧越邸」。
価値のある骨董品や書物が並ぶ邸内、湖に面して設置された二ヶ所の噴水。
豊富な客室、礼拝堂やテラスや温室までもある、その作りは、完全な趣味のための建築物。
「霧越邸」は意思を持つ、そして訪れたものの心を映し出す。
そこで暮らす人々は未来を捨てた人達。
まさにミステリーの舞台にはうってつけの場所です。

次々と犠牲になる仲間。
「暗色天幕」の劇団員、小説家、医者。
彼らの犯人探しに協力する女医。

3階は見取図さえ載っていませんが、ここもきっと凝った作りになっているのでしょうね。
これに「水車館」のようなエコロジーな自家発電があれば完璧ですね。

そして最終章へ。
推理される犯人像。
そして…、覆される推理。

そして「霧越邸」は霧の中へと姿を消した。

|

« 「GAME」 Perfume | トップページ | 「アンフェアな月」 秦 建日子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/20806694

この記事へのトラックバック一覧です: 「霧越邸殺人事件」 綾辻行人:

« 「GAME」 Perfume | トップページ | 「アンフェアな月」 秦 建日子 »