« 「迷路館の殺人」 綾辻行人 | トップページ | 「紅蓮女」 上甲宣之 »

2008年2月29日 (金)

「人形館の殺人」 綾辻行人

久しぶりのミステリーはやめられない。

人形館の殺人 (講談社文庫) Book 人形館の殺人 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

京都に移り住むことになった飛龍想一。
亡くなった芸術家の父が住んでいたという屋敷は、所々に体の一部が欠けたマネキン人形が置いてある。
そこで暮らすうちに感じる明らかな殺意。
敷地の半分を使って経営するアパートの住人達、偶然に再会した幼馴染みの大学助手、その研究室の女子大生、誰もが怪しく思えてきて…。

今度は人形が置いてあるというだけで、見た目は普通の建物です。
いったい人形達にどんな意味があるというのか。

飛龍がじわじわと追い詰められていきます。
それは飛龍の過去と関係があるらしいのですが、思い出す事ができません。
ときどき過去の記憶と交錯するような感じで、ストーリーは進行していきます。
そして起きる殺人。
学生時代に親交のあった島田潔に助けを請う飛龍。
島田は今回も事件を解決できるのか。

読んでいくうちに、「こんなこともあるかも」と予想はしていたのですが、結末は想像をはるかに上回っていました。
終盤に近づくにしたがって、いつもよりちょっと強引な展開をする島田潔。
これでいいのか、いつから探偵になったんだ、明らかな違和感。
そして現実は…。

今度の「館」は、いまひとつ魅力に欠けているような。
やはり中村青司といえば、実用性無視の凝った造りの建造物。
中村青司の亡霊に振り回されるより、「館」自体がパワーを持っているような、そんな感じが良いですね。
また、日本建築にマネキンというのもいかがなものか。
やっぱり「和人形」でいって欲しかったというのは、勝手な思い込みでしょうか。

とはいっても、先が気になり、夢中でページを捲ってしまう。
やっぱりミステリーは良いです。

|

« 「迷路館の殺人」 綾辻行人 | トップページ | 「紅蓮女」 上甲宣之 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/10820423

この記事へのトラックバック一覧です: 「人形館の殺人」 綾辻行人:

« 「迷路館の殺人」 綾辻行人 | トップページ | 「紅蓮女」 上甲宣之 »