« 「亡国のイージス(上)」 福井晴敏 | トップページ | 「武士の一分」 »

2007年10月13日 (土)

「亡国のイージス(下)」 福井晴敏

「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。
 その弾頭は通常に非ず。」

亡国のイージス 下  講談社文庫 Book 亡国のイージス 下 講談社文庫

著者:福井 晴敏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本政府に要求を突きつけるイージス艦「いそかぜ」。

その「いそかぜ」の中で抵抗を試みる「仙石」と「如月」。

息子が政府に殺されたことをきっかけに人生が変わってしまった艦長「宮津」。

影で糸を引く北朝鮮工作員「ホ・ヨンファ」とその部下達。

沈んだ「うらかぜ」の艦長「阿久津」。

決死の作戦を決行する防衛庁情報局の隊員達。

僚機を「いそかぜ」に撃墜されたF15パイロット「宗像」。

「いそかぜ」から、潜水艦「せとしお」に乗り移った「若狭」。

その「せとしお」の艦長「武石」。

そして、会議室で奮闘する防衛庁情報局「渥美」と日本政府のトップといわれる人々。
彼らの選択肢には、六千度の高熱で「いそかぜ」を焼き尽くす究極の作戦も含まれていた。

結末は漫然とは予測していたものの、そこに至るまでの男達のドラマに感動です。
いろいろと気になる点もあるものの、日本はまだまだ成長できるはずとの思いが過りました。
気になる後日談も細かく語られていましたが、このエピローグは、(「終戦のローレライ」でも感じたのですが) もう少しぼかした感じで表現されても良かったかなとも思ってしまいましたが…。

映画の上映から数年、時期的には遅くなってしまいましたが、間違いなく感動をいただきました。

|

« 「亡国のイージス(上)」 福井晴敏 | トップページ | 「武士の一分」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/8394961

この記事へのトラックバック一覧です: 「亡国のイージス(下)」 福井晴敏:

« 「亡国のイージス(上)」 福井晴敏 | トップページ | 「武士の一分」 »