« 「亡国のイージス(下)」 福井晴敏 | トップページ | 「銀行籠城」 新堂冬樹 »

2007年10月17日 (水)

「武士の一分」

かなり遅れましたが…。
20%引きに背中を押されて。

武士の一分 [DVD] DVD 武士の一分 [DVD]

販売元:松竹
発売日:2007/06/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原作は藤沢周平先生の本「隠し剣 秋風抄」のなかの「盲目剣谺返し」。
思い起こせばこの本も書店で何回も手にした末にやっと購入したもの。
決断力が無いというのは本当に困ったものですが、良いものは良いということで…。

もともとが短編ですから、無理なく映画化されているのが良いです。
決して派手ではないのですが、古き良き日本人の姿を伝えていると思います。
唯一心配だったのが、主役がキムタク(木村拓哉)だということ。
でも、これを見て、むしろキムタクで良かったと納得。
他の若手俳優(アイドル?)では全然雰囲気が違ってしまったでしょう。
それと、壇れいさん、笹野高史さんが良い雰囲気を出しています。
この二人無くしてはこの映画は語れないほどです。

失明し、改めて世間の冷たさを知り、
懸命に自分を支えてくれた妻を失い、
真実を知った時、武士の一分のために命をかけて戦う男。

そんな、ともすれば暗くなりがちなストーリーをさらりと描いてあります。
そして爽やかでほろりとするラスト。
原作を読み終えたときと同じでした、良かったです。

|

« 「亡国のイージス(下)」 福井晴敏 | トップページ | 「銀行籠城」 新堂冬樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/8460648

この記事へのトラックバック一覧です: 「武士の一分」:

« 「亡国のイージス(下)」 福井晴敏 | トップページ | 「銀行籠城」 新堂冬樹 »