« 「雨の暗殺者」 鳴海 章 | トップページ | 「栗林忠道」 柘植久慶 »

2007年8月25日 (土)

「宿命」 東野圭吾

久しぶりに東野圭吾小説が読みたくなり手に取りました。

宿命 (講談社文庫) Book 宿命 (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高校時代に恋人と別れなければならなかった男は警察官となる。
男の前に現れたのは学生時代のライバルで、昔別れた恋人と一緒になっていた。
二人は警察官と容疑者となって再び宿命の再開を…。

本の後ろに書いてあるあらすじを読むと、いかにもどろどろとした物語が思い浮かびます。
そんなイメージのせいか今まで手が出なかった作品です。
でも、いざ読み始めると(いつもの事ながら)ストーリーに引き込まれていきました。

不思議と続く幸運の連鎖、美佐子の人生を操る「糸」の存在。
苦労を重ねて刑事になった勇作と、裕福な家庭に育ちながら医者になった晃彦。
この二人の男、勇作と晃彦の不思議な因縁。
そして殺人事件によって明らかになる事実。

本の帯に「ラストを先に読まないでください」と書いてあります。
でも、実際にはそれほど大袈裟なものではありません。
(それに小説ってだいたいそういうものですよね)
まあ納得のラストでした。
東野圭吾小説、やっぱり面白いです。

|

« 「雨の暗殺者」 鳴海 章 | トップページ | 「栗林忠道」 柘植久慶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/7626415

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿命」 東野圭吾:

« 「雨の暗殺者」 鳴海 章 | トップページ | 「栗林忠道」 柘植久慶 »