« 「ワンピース Vol.46」 尾田栄一郎 | トップページ | 「死の谷の狙撃手」 鳴海 章 »

2007年7月 5日 (木)

「伝説のプラモ屋」 田宮俊作

昔からカタログが好きです。
その中でも好きでボロボロになるまで読んだのが「タミヤ」のカタログ。
小遣いに余裕の無い子供の頃は見ているだけで幸せでしたね。

伝説のプラモ屋―田宮模型をつくった人々 (文春文庫) Book 伝説のプラモ屋―田宮模型をつくった人々 (文春文庫)

著者:田宮 俊作
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「タミヤ」の現社長のエピソードを書き綴っているこの本を読んでいると、どうしても自分自身のプラモデルの歴史(少々オーバーですが)を思い出してしまいます。
小学校の低学年のころは自動車のプラモデルを、ゼンマイやモーターで走らせて楽しんでいました。
(今思うと幸せな時代でしたね)
初めて「タミヤ」というメーカーを意識したのは、叔父さんにもらったリモコンの戦車。
ドイツ軍の「パンサー」という戦車で、これは今でもよく憶えています。
単に走行させるだけではなく、作ったものを眺めたり飾ったりする楽しみを知ったのはこの頃でした。
ドイツ軍の戦車から始まった「タミヤ」のプラモ歴、1/35ミリタリーミニチュアシリーズには大変お世話になりました。

もちろん世界の「タミヤ」に成長していく過程を描いた本の内容も面白いものでしたが、その度に過去のプラモデルが思い出されてとても懐かしい気持ちになりました。
こんな気持ちにさせていただいたこの本、感動でした。

|

« 「ワンピース Vol.46」 尾田栄一郎 | トップページ | 「死の谷の狙撃手」 鳴海 章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/7043566

この記事へのトラックバック一覧です: 「伝説のプラモ屋」 田宮俊作:

« 「ワンピース Vol.46」 尾田栄一郎 | トップページ | 「死の谷の狙撃手」 鳴海 章 »