« 「交渉人」 五十嵐貴久 | トップページ | 「伝説のプラモ屋」 田宮俊作 »

2007年7月 4日 (水)

「ワンピース Vol.46」 尾田栄一郎

ONE PIECE 巻46 (46) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻46 (46) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サイボーグで船大工のフランキーを仲間にしたルフィ海賊団。
新しい船「サウザンドサニー号」で向かう先は魚人島。
だが、途中の「魔の三角地帯」で幽霊船に遭遇。
乗っていたのは、生きているガイコツの「ブルック」。
影を奪われたという彼は何かわけありの様子。

そうこうするうちに「サウザンドサニー号」がゴースト島「スリラーバーク」に取り込まれてしまう。
様子を見に行ったナミたちも行方不明となり、一行は本格的に島に乗り込むことに…。

襲ってくるゾンビたちと戦いながら聞いた敵の名は、
王家七武会の「ゲッコー・モリア」!
新たな戦いが始まる。

いきなり現れて、謎を残して消えた「ブルック」。
スカルジョークを連発する彼は、ただの面白キャラクターではなさそうだ。
もしかすると本当に仲間になってしまうかも。

魚人島までのつなぎの物語かと思いきや、七武会も登場。
今回はギャグも交えながら進んでいきます。
仲間も増えてにぎやかになった「麦わら海族団」。
本当に良く書き込まれていて、いつも感心します。
(読み返すとよく分かりますね)

次回、すべての事実が明らかに…なるはず。

|

« 「交渉人」 五十嵐貴久 | トップページ | 「伝説のプラモ屋」 田宮俊作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「交渉人」 五十嵐貴久 | トップページ | 「伝説のプラモ屋」 田宮俊作 »