« 「CYCLE SPORTS」 2007年4月号 | トップページ | 「鬼を斬る‐山田浅右衛門涅槃斬り」 鳥羽 亮 »

2007年4月 2日 (月)

「じてんしゃ日記」 高千穂 遙、一本木 蛮

以前読んだ高千穂先生の「自転車で痩せた人」、それがマンガになっているという本。
内容的には同じなんだろうなと思っていながらも、どうにも気になって入手してしまいました。

じてんしゃ日記 Book じてんしゃ日記

著者:高千穂 遙,一本木 蛮
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今回は、一本木蛮さん夫妻が高千穂先生の指導を受けて、だんだんとスポーツ自転車に目覚めていくという内容です。
読んでみると予想通りに読みやすく、絵で表現することで内容も理解しやすいものでした。
「百聞は一見にしかず」といいますが、まさにそのとおりでした。

疋田智さんのインタビューも載っていましたが、この人の影響でどれだけの人間が自転車に乗り始めたことでしょう。
以前読んだ「自転車ツーキニスト」名著ですね。

多くの人たちが「自転車=ママチャリで、歩道を走るもの」という認識の現代ですが、この本を読んでもっと自転車というものを理解してもらえたら良いですね。

|

« 「CYCLE SPORTS」 2007年4月号 | トップページ | 「鬼を斬る‐山田浅右衛門涅槃斬り」 鳥羽 亮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「CYCLE SPORTS」 2007年4月号 | トップページ | 「鬼を斬る‐山田浅右衛門涅槃斬り」 鳥羽 亮 »