« 「狩りのとき(上)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »

2006年10月 3日 (火)

「狩りのとき(下)」 スティーブン・ハンター

上巻「狩りのとき(上)」を読んでから続きが気になってしまって…。
出張の際に探して入手しました。

狩りのとき〈下〉 Book 狩りのとき〈下〉

著者:スティーヴン ハンター
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


プロローグの謎が解け、そこから新たな物語が始まる。
スワガーとその家族を狙うロシア人スナイパー。
CIA次官も交えて、それを阻止しようとするスワガー。
上巻に登場した、ダニー、トリッグ等もかかわっていた真実が明らかになる。

あいかわらずの銃器関係の描写は読み応えがあってうれしい限りです。
このへんはほんとに、昔読んだ大藪春彦先生を思い出してしまいます。

そして、ロシア人スナイパーとの雪山での死闘。
明らかになる謎、そしてさらなる謎が解ける。

久しぶりにS・ハンターを読みましたが、やっぱり男の小説は良いです。
そのうちにまたこのシリーズを読みたいですね。満足です。

|

« 「狩りのとき(上)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「狩りのとき(上)」 スティーブン・ハンター | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »