« 「ワンピース Vol.43」 尾田栄一郎 | トップページ | 「狩りのとき(下)」 スティーブン・ハンター »

2006年9月23日 (土)

「狩りのとき(上)」 スティーブン・ハンター

何か面白い本は無いかと探していた時に、G社のK君からスティーブン・ハンターの本を薦めてもらったのはいつのことだったでしょうか。
基本的にカタカナの名前がまぎらわしいので海外物は避けていたのですが、伝説の狙撃手の話と聞いて興味が湧いてきたのを憶えています。

狩りのとき〈上〉 Book 狩りのとき〈上〉

著者:スティーヴン ハンター
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このシリーズは、読む順番が重要とのことで、最初に読んだのがこれです。

極大射程〈上巻〉 Book 極大射程〈上巻〉

著者:スティーヴン ハンター
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

極大射程〈下巻〉 Book 極大射程〈下巻〉

著者:スティーヴン ハンター
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ここに書かれている銃器や射撃の描写がほぼ理解できて、また、なんとなく懐かしく感じてしまうのは過去に大藪春彦氏の本を読んできたからでしょうか。
ストーリーについても上下2冊の大作のわりには意外とスムーズに読みきってしまいました。

順番からいくと、
「極大射程」→「ダーティホワイトボーイズ」→「ブラックライト」→「狩りのとき」
としなくてはいけないらしいのですが…。
ところが、いつもの書店にスティーブン・ハンターのシリーズが無い。
出張の時に探してみると、やっと「狩りのとき」が見つかりました。
やむなく、「ダーティ…」「ブラック…」をとばして「狩りのとき」を入手してしまいました。

プロローグからいきなりボブ・リー・スワガーの危機?
物語はベトナムでスワガーの部下となるダニー・フェンの話から。
ダニーが再びベトナムに送られ、スワガーとコンビを組み戦う。
ソ連の狙撃手との死闘の後で…。

後編が読みたい!あのとき下巻も買っておけば良かった。
次の機会には必ず手に入れるつもりです。

|

« 「ワンピース Vol.43」 尾田栄一郎 | トップページ | 「狩りのとき(下)」 スティーブン・ハンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ワンピース Vol.43」 尾田栄一郎 | トップページ | 「狩りのとき(下)」 スティーブン・ハンター »