« 「血路 南稜七ッ家秘録」 長谷川 卓 | トップページ | 「ファンライド」 2006年9月号 »

2006年8月14日 (月)

「死地 南稜七ッ家秘録」 長谷川 卓

4758430055_1

Book 死地―南稜七ツ家秘録 

著者:長谷川 卓
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する 

 
 
 
「血路 南稜七ッ家秘録」を読んだ後、その続編であるこの本を読み返してみました。
読んだのはもうずいぶん前になりますが、立ち読みをしていて、「買ってみようかな」と思ったのは次の文章を読んだ時です、

「七ッ家」に連絡をとるために、山中にて何日も待ち続ける柴田家の重臣・中村文荷斎。
疲労のため、まどろんでいる文荷斎の前に「二ッ」が現れる…。

 文荷斎は、突然男が気配を発した訳に思い至った。
 起こされたのだ。
 儂が気付かなかったのではなく、気配を消していたのか。

体力、技術を超えたところにあるのであろう「気配」というもの。
物語の中でしばしば登場するこの感覚、うまく表現されていると思います。

今回は、前作にも登場した「北条幻庵」率いる《風魔》と共に戦うことになります。
その相手は、豊臣秀吉を守る森の民《錣一族》。
またまた超人達の戦いが始まります。
前作「血路 南稜七ッ家秘録」を読んでいるので、「二ッ」の経歴も充分に理解できるので、再読ですが新たな気持ちで読むことができました。

やっぱり良いですね、また続編が出るのを期待してしまいます。

|

« 「血路 南稜七ッ家秘録」 長谷川 卓 | トップページ | 「ファンライド」 2006年9月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「血路 南稜七ッ家秘録」 長谷川 卓 | トップページ | 「ファンライド」 2006年9月号 »