« 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 | トップページ | 「ワンピース Vol.42」 尾田栄一郎 »

2006年6月29日 (木)

「13階段」 高野和明

13階段 Book 13階段

著者:高野 和明
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前から気にしていた本を出張の際に入手。
(最近良くあるパターンです)

刑務官と前科一犯の若者が、死刑囚の冤罪を晴らすべく奔走する。
現実にはありそうもないストーリーなのですが、しっかりと読ませてくれました。

前半は犯罪者、刑務所、そして死刑についても細かく描写されており、実際に死刑を執行する立場の人間について、改めて考えされられました。
自分の意思ではなく、法の立場において人命を奪うということ、かなり魂を消耗する仕事であろうと思います。

証拠品が揃っていても、死を恐れ最後まで無実を叫ぶ人、
過ちを認め、粛々と刑を受け入れる人、(むしろこちらのほうが哀しい)
被害者の遺族が赦したとしても、また、神が赦したとしても、
人が赦さない(法律的に赦されない)場合がある。
こんな場合は、どのような気持ちになるのだろうか。

「他人を殺したら死刑になる」とは解っていても、敢えて殺人を犯す人間がいる。
もし、このような人間がいなくなれば、制度があろうがなかろうが死刑は行なわれなくなる。
死刑制度を維持しているのは、国民でも国家でもなく、犯罪者自身なのだ。
またまた考えさせられます。

証拠品が発見されてからは、一転して物語のスピードが上がり、一気に読み上げてしまいました。

人が人を裁くということは本当に難しいことなのですね。
人間とは哀しい生き物なのだなあというのが感想。良かったです。

|

« 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 | トップページ | 「ワンピース Vol.42」 尾田栄一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 | トップページ | 「ワンピース Vol.42」 尾田栄一郎 »