« 「上杉謙信」 志木沢 郁 | トップページ | 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 »

2006年6月24日 (土)

「上杉鷹山の経営学」 童門冬二

上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 Book 上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 

著者:童門 冬二
販売元:PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する 

「上杉謙信」を読むならば、「上杉鷹山」も読まなければ。
そんなことを思いながら手に入れたのがこの本でした。
しかしながら、この本は見るからにビジネス本なので読み始めるきっかけが無く、購入してからかなりの時間が経ってしまいました。

無敗の軍神「上杉謙信」に比べ、藩の財政難をみごとに切り抜けた「上杉鷹山」は、まさに知る人ぞ知る名君と言えるでしょう。
アメリカの大統領にさえその名を知られていたというのに、日本人の私たちに知らない人が多いとは残念なことです。

「藩主というものは、国家と人民のための仕事をするために存在しているので、国家と人民は藩主のために存在しているものではない」と言い、実践した鷹山公。
活躍の場が米沢藩内であったために、その名が全国区になれなかったとすれば、まったく遺憾なことです。

鷹山公を少し深く知ることができました、やっぱり一度は「上杉神社」を訪ねてみたいものです。

|

« 「上杉謙信」 志木沢 郁 | トップページ | 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「上杉謙信」 志木沢 郁 | トップページ | 「CYCLE SPORTS」 2006年7月号 »