« 「CYCLE SPORTS」 2006年5月号 | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード (上)」 ダン・ブラウン »

2006年5月 6日 (土)

「現代語訳 南総里見八犬伝 下」

現代語訳 南総里見八犬伝 下 Book 現代語訳 南総里見八犬伝 下

著者:曲亭馬琴
販売元:河出書房新社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、上巻を読んだので今度は下巻を。
上巻は八犬士がなかなか登場しなかったですが、こちらは最初から犬士たちの活躍が載っているので、無理なく読み出すことができました。
しかしながら、本自体の厚みがあって携帯には不向きなこと、いろいろと忙しかったことなどから、読み切るには数日を要しました。

やっぱり思い出すのはNHKで放送されていた「新・八犬伝」

信乃が主人公のような感じだったと思いますが、個人的には、現八道節毛野あたりが印象に残っています。
でも、思い出せないのが親兵衛です。
TV放送でも最後の方に登場するので、時期的に見ていなかったのかもしれませんが…。

小説の中では、この犬江親兵衛は、最後に登場する万能の犬士(なんといっても伏姫に育てられていますから)という設定。

サイボーグ009でいうと、まさにリーダーの009・ジョー、一番よく知られた存在であっても良いはずなんですが。
この長い物語のなかで、(犬士として)登場する時期が遅すぎたのでしょうか。

八犬士とサイボーグ009は直接比較できないとしても、サイボーグ009の場合は各々の特徴を持った仲間がいて、総合型(最新型)が009・ジョーです。 
でも八犬士の場合、キャラがはっきりしているのは、修験者で火遁の術を使う道節、巨漢力士の小文吾、女装(変装)の毛野くらいしか思いつきません。
他の犬士は一様に強い武士という感じです。
各犬士がそれぞれに異なった能力・技能を持っていれば、もうすこし映画やドラマになっていたかもしれませんね。

あの時代に、この物語をTVで放送してくれたNHKさんに感謝します。
きちんと受信料も払っておりますよ。

|

« 「CYCLE SPORTS」 2006年5月号 | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード (上)」 ダン・ブラウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「CYCLE SPORTS」 2006年5月号 | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード (上)」 ダン・ブラウン »