« 「クリスマスの4人」 井上夢人 | トップページ | 「陰陽師 太極ノ巻」 夢枕 獏 »

2006年2月26日 (日)

「推理小説」 秦 建日子

推理小説 Book 推理小説

著者:秦 建日子
販売元:河出書房新社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

TVドラマ「アンフェア」を見ていて、原作本を読みたくなりました。
今までに書店で何回か目にして知っていたはずだったのですが、篠原涼子の顔が本の帯に載っているだけで本の印象も(置かれている場所も)変わっていました、TVの影響(宣伝効果)はすばらしいものですね。

この小説がストレートにドラマ化されていたわけではないので、思ったよりネタバレを気にせず読み進めることができました。
むしろ予備知識があるので、小説の内容が非常につかみやすかったのも事実でした。
ただし、先にドラマを見ていたため、登場人物の顔が、頭の中でドラマの出演者の顔に変換されて出てきてしまいますが…。

一番印象に残ったのは、瀬崎の考え方、
人間は自分の気持ちを他人に理解してもらうために、また、世間体を取り繕うために、どうしても説明的に振舞ってしまう。
どこかで見たドラマのシーンやマニュアル通りに行動することによって、いくばくかの安心感を得ようとしている。
哀しくたって笑うこともあるし、殺人を犯したものが、みんながみんな、毎晩悪夢にうなされているとは思わない。
雪平夏見も同じような考え方で、それ故、世間から誤解され、離婚するきっかけともなっているらしい。
さらに、この二人は、人が(無意識にでも)世間向きのポーズをとってしまうことを下品だとも言い切ってしまう。

全面的には肯定できないものの、TV等を見ていると確かに下品に見えてしまう人も居られるような。
知り合いでもないのに必要以上に悲しんだり、面白くもないのに笑ったり…。
実際にはバランスが大事ということでしょうか。

TVドラマで気になったのが雪平夏見の拳銃がシルバー(ステンレス?)モデルだということ。
いかにもプラスチックのように見えます。
いろいろな事情もあり仕方がないのでしょうが…。
ニューナンブ
では地味だとしても、せめてSIG・P230を持たせてほしかった

|

« 「クリスマスの4人」 井上夢人 | トップページ | 「陰陽師 太極ノ巻」 夢枕 獏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16298/821121

この記事へのトラックバック一覧です: 「推理小説」 秦 建日子:

« 「クリスマスの4人」 井上夢人 | トップページ | 「陰陽師 太極ノ巻」 夢枕 獏 »