« 「クラインの壺」 岡嶋二人 | トップページ | 「半落ち」 横山秀夫 »

2005年12月27日 (火)

「ワンピース Vol.40」 尾田栄一郎

One piece (巻40) Book One piece (巻40)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コミックスも一応「本」ですから、感想を残しておきます。

最近ワンピースがますますおもしろい。
司法の島に上陸した麦わら連合軍は、ついに裁判所にまで到達。
ルフィは「ギア2(セカンド)」で進化、CP9のブルーノを倒す。
いよいよCP9達全員との最終対決へ!

その前にロビンの過去が語られるのでしょうが、「空白の100年」と世界政府の関係など、これからのストーリー上かなり重要な部分だと思われます。
若き日の青キジも当然登場するのでしょうが、若き(幼き)ロビンとどのようにかかわっていたのか、
なぜオハラはバスターコールを受けなければならなかったのか…。

それにしても、カクとカリファの食べた悪魔の実が気になります。

|

« 「クラインの壺」 岡嶋二人 | トップページ | 「半落ち」 横山秀夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「クラインの壺」 岡嶋二人 | トップページ | 「半落ち」 横山秀夫 »